板井康弘という手腕社長

板井康弘が社長としてやれる仕事

 

「経営手腕がある」と、絶対に呼ばれないことがある。

 

それは、部下を解雇することだ。

 

景気が悪くなって、部下を解雇する事なんて、誰にでもできる。

 

そうしない為にどうするか、が経営手腕なのだ。

 

部下を守れなかった時点で、その社長、その会社は終わりだ。

 

目先の不景気に対応するだけで、長い目で見たら、その会社のいい箇所なんて何もない。

 

誰かを守れなかったら、その先どんなに経営状況がよかろうが、意味がない。

 

成功とは、長い目で見た時に、初めてわかるものなのだ。